予算2万円でエギングを始めよう!シーバスロッドで代用はできる?

2020年12月3日海釣り釣り,海釣り,予算シリーズ,ビギナー,エギング

ビギナーズノート
ビギナーズノート
この記事はこんな人におすすめ
・エギングを始めてみたい
・エギングに最低限必要なものを知りたい
・エギングって何?

近年人気急上昇中、と言われて久しいエギング
餌木(エギ)というルアーを投げて、着底を待ち、シャクる。そのシンプルさと、イカの食味から今も人気上昇が収まりません。
王道のアオリイカから、ヤリイカ、ケンサキイカ(マイカ)など、実は一年中何かしらのイカをシンプルな仕掛けで狙えるエギングはルアーフィッシングの入門にもうってつけ。
そんなエギングを始めるために、予算2万円で必要最低限の釣具を揃えましょう!

ということで結論から。絶対に必要なのは「エギングロッド」「エギ×4~5個」「リール」「ライン」「ショックリーダー」の5点です。
少ない!お持ち帰り用のジップロックや糸切りハサミなんかは含んでいません。にしても少ない!
よく「シーバスロッドで代用可能か?」との疑問が投げかけられますが、その答えは「できなくはないが、望ましいのは専用ロッド」です。
筆者は絶対に専用ロッドを買った方が良い!派です。ご参考まで。

スポンサー広告

エギングの魅力

(ルアーフィッシングの中では)簡単で初心者向け

ルアーロッドにショックリーダーを結んで、その先にエギを繋ぐだけ
針外し用のプライヤーなどもいらず、ほかに持っていくのはお持ち帰り用のジップロックのみで、非常にシンプルです。
釣り方も簡単で、エギを投げて、沈めて、シャクって、沈めて、シャクるだけ。
最初のうちは何をしているか分からない可能性もありますが、少しずつ慣れてきます。
イカ墨を探せばポイントも分かりやすいのも◎
やり始めはベタ凪波無しド日中が、ラインが目視できて何をしているか分かりやすいのでおすすめです。

初心者向けと言いつつ、極めようとすると奥が深く底が見えないのも魅力です。どの釣りもそうですけどね(^^)

アクティブさとパッシブさの両面がある

足で稼ぐラン&ガン=アクティブ
座ったままボーっとしながらでも釣りできる=パッシブ
シャクってイカを誘う=アクティブ
フォール中、着底するまでは一服しててもOK=パッシブ
とみせかけて、ラインを見たり竿先で感じたりして、イカの繊細すぎるアタリをとる=アクティブ
と思わせておいてボーっとしてても釣れる=パッシブ

ガンガン攻めたい時はアクティブに攻めることができ、のんびりやりたい時はパッシブにもなれる。
その両面があるのがエギングの魅力だと思います。

イカはとても美味しい

それ以上言うことはあるまい…。
いか刺、いか天、いか焼き、いか飯、いかの沖漬け…
上級者は内臓も調理して食べられる。
イカのおいしさは挙げればキリがないほどです。なんでもござれぇ!!

揃えるべき道具

ロッド … 専用のエギングロッドがおすすめ

エギングロッドは先調子で穂先に張りがあるため、エギをキビキビ動かせます
かつバット(根元)部分は柔らかくしなやかなので、掛けたイカをバラさずじんわり寄せることができるような作りになっている。
エギングロッドは汎用性が高く他の釣りに流用しやすいため、1本持っておくと色々な釣りが楽しくなります。

メジャークラフトのファーストキャストソルパラはなかなかコストパフォーマンスが良く、頑丈なので初心者におすすめです。
筆者はエメラルダスXが今まで使った中ではジャストフィット。



※シーバスロッドで代用は可能なのか?

シーバスロッドでも可能といえば可能です。ただ、重くて疲れるし、手首でシャクれません。
穂先が柔らかいからエギがキビキビ動きません。
ちゃんとイカは釣れるので、体力や筋力に自信があり、あまりこだわらない人はシーバスロッドで全然OKだと思います。
筆者は体力があるほうではなく、釣りをする上での快適さは大切派なので、エギングロッド必須理論を提唱中。

リール … 2500番クラスのスピニングリール

巻きたい糸に合わせたリールを用意すればOK。
一番おすすめなのは2500番クラスのスピニングリール+0.8号PEライン+2号のフロロ製リーダーのセット。
とはいえシーバス向けの3000番リール+1号PEラインでもいいような気はする。
変わるのはエギの飛距離なので、タックルバランスと相談して、シーバス用を流用できればそれでも◎。
筆者は0.6号PE+8lbフロロリーダーを浅溝2500番のリールに巻いています。
ダブルハンドルの方がやりやすいが、価格帯も上がるのであまり気にしなくても良いです。

ダイワ 20クレストLT この価格帯では抜群の性能です。おすすめ!

ライン … PEライン0.6~1号のものを150mぐらい

エギングはナイロンでもフロロでもなくPEラインでやるのが一般的。
スラッグジャークというテクニックを多用するためです。
飛距離と強度、感度の面で圧倒的にPEが優れているのでよく分からなくても、慣れていなくてもPEにしときましょう。

0.6号あれば十分ですが、根がかり回避率・回収率は0.8号の方が良い感じ。

カラーマーキング付きのラインは、ラインの動きが見えやすいのでおすすめですよ(^^)

ショックリーダー … フロロ製で8lb程度のもの

エギングはショックリーダーが必須です。
根ズレ対策としてはもちろんですが、エギのフォール姿勢を安定させるために沈むラインが先端に付いていなければなりません。
エギングはフォールが命なので、一見必要なさそうに思えても必ずフロロカーボン製のリーダーを結びましょう。

エギ … 根掛かりが多い釣りなので4~5個あれば安心

根掛かりが多い釣りなので4~5個は持っていくと良いと思います。
私も初心者ですが、これから始めるビギナーの方々におすすめなのが虹テープ+オレンジカラー
昼・夜問わず最も出番が多いため、根掛かり対策として2つは持っておきましょう。

エギのカラーは下地(テープ)カラー背中カラーの2種類を組み合わせたものになります。

下地(テープ)カラーは光の色に合わせると良いとされ、銀・金・赤・虹などがあります。
日中は銀、ローライト時(朝マズメや夕マズメ時)は金、夜中は赤、万能なのが虹と言われています。
また、日中は紫外線を受けて発光するケイムラテープ、夜中も蓄光性能により光るグローテープいう必殺テープもあります。
釣りをすることが多い時間帯によって決めると良いでしょう。

背中カラーは潮の色に合わせると良いようです。オレンジ・ピンク・ブラウン・ブルーなどがあります。
濁りが効いていてエギを目立たせたい時はオレンジやピンク、潮が澄んでいる時はよりベイトフィッシュに近いブラウンやブルーを選びましょう。

釣れる時(活性の高いイカが居る時)は何投げても釣れるので深く考えなくても良いかもしれません。


イカ絞めピック?ギャフ?ネット?

秋イカ狙いなら必要ないでしょう。
イカを締めようと思ったら糸切りハサミで眉間をグサリ…いやデコピンでも十分です。
ギャフやネットもいりません。男の一本釣り(抜き上げ)で行きましょう。

秋田は春先の親イカは数が少なく釣果もあまり聞きませんが、親イカの魚影が濃いポイントではランディングネットかギャフは必須と言えます。

まとめ

以上のようにシンプル。ここまで紹介した道具を全て揃えると約2万円ほどになります。
ボーっとしてても釣れるし、考えて試行錯誤した結果釣れた時はうれしさ10倍です。
また、エギングタックルは色んなライトな釣りに流用できるので、エギングまだやらないよって人も揃えておいて損はありません!

あなたも人気沸騰のエギングをやってみましょう!

スポンサー広告